車内も座席も快適な高速バス

昔はとっても狭いとか、眠るのが大変だというイメージの合った高速バスですが、最近では全くそうではなくなってきているのをご存知でしょうか。眠れないまま目的地について、フラフラで旅の思い出が良くなかったなんてことになったら、もうバスを利用したくなくなりますよね。そこで、バス会社の各社がさまざまな工夫をこらすことで、快適な車内へと高速バスは進化を遂げ続けているのです。 まず、車内の設備としては、個室のような空間を実現している車両も存在します。DVDやテレビ、映画などが見れたり音楽が聞けるど、その居心地の良さはまるで自宅やホテルで居るかのようにゴージャスでリラックスそた時間を過ごせるのです。気持よく寝付くにはこうした癒やしが大事ですよね。 また、座席自体もひろびろとした座席間隔をとり、またリクライニングもフルで倒せる場合や、フットレストなどで足も十分に伸ばせるなど、ゆっくり休むのに適した作りを搭載している車両も多くなっています。